旬の食物の効果

暑い時期寒・涼性の物を食べると、内臓の機能を活発にして、冷え性の防止などにも効果があります。

暑い時熱性のものを多く食べると、脾臓や胃の機能を低下させ、熱性の体質に変化しやすくなります。
例えば、鼻血、痔疾、便秘などの症状が出る、または症状が悪化しやすくなります。

寒い時期寒・涼性の物を食べると、内臓の機能を低下させるとともに、身体が冷えやすくなります。

適度に食べて下さい。辛すぎたり、とりすぎたりするのも駄目です。

夏に良い(寒と涼)

どちらでもない(春・秋)

冬に良い(熱と温)

きゅうり、ごぼう、さつまいも、しそ、

春菊、セリ、せろり、大根、

チンゲンサイ、冬瓜、トマト、茄子、

にがうり、人参、白菜、ブロッコリー、

ほうれん草、レタス、レンコン、

たけのこ、緑豆、

しめじ、えのきたけ、

大麦、小麦、そば、ハトムギ

いんげん、枝豆、ごぼう、小松菜、

里芋、じゃがいも、そらまめ、もやし、

山芋、米、大豆、小豆、とうもろこし、

松茸、椎茸、舞茸、なめこ、きくらげ

(春)そば・大根・春菊・菜油・せり・セロリ

気の流れを良くする

(秋)なし・柿・ぶどう・白きくらげ・くらげ・山芋

陰を補う

アスパラ、かぶ、かぼちゃ、

きゃべつ、唐辛子、さんしょう、

しょうが、玉ねぎ、にんにく、

にんにくの芽、にら、ねぎ、ピーマン、

もち米、胡桃、松の実、らっきょう

昆布、わかめ、はまぐり、カニ(海)

豚肉、さんま、うなぎ、アワビ、牡蠣、ほたて、イカ 羊肉、牛肉、鶏肉、
海老、赤貝、 ナマコ
緑茶、そば、梅干 蜂蜜、胡麻

黒砂糖、胡椒、わさび、

辛いもの(激辛は)

オレンジ、柿、キウイフルーツ、

ザボン、スイカ、すもも、

パイナップル、バナナ、枇杷、

メロン、りんご、レモン

落花生、銀杏、ざくろ、イチジク、

ブドウ、桃、イチゴ、アンズ、梅の実

みかん、さくらんぼ、栗、くるみ

男性に良い食物

秋鮭

鮭の中の抗酸化物質が男性に有用。精子の運動能力の上昇に効果がある。

男性不妊の解消に、効果が期待されます。(味噌も有効)

男性不妊には亜鉛が有効


東洋医学 inserted by FC2 system