四診の解説

四診「問診」「望診」「聞診」「切診」の解説

西洋医学では、患者さんから問診→血液や尿、体液の化学検査、X線、などさまざまな検査を

行って病名を決める→治療となります。

東洋医学では、四診という、治療法を重視します。

四診により患者さんの全体を診ることの成ります。

「望診」

患者さんの顔(顔色・目の輝き、色・皮膚・頭髪の様子など)、行動、姿勢

爪、口蓋、呼吸、などを診ます。

「聞診」

話し方や声の調子、患者さんが発する咳などの音を聞きます。

また、患者さんの息や体臭、排泄物のにおいを調べる事もあります。

「問診」

患者さんの自覚症状や病歴、薬歴を尋ねます。病歴が複雑、慢性的な物は、

日常生活や仕事・環境の変化などについて詳しく質問します。

「切診」

患者さんに触れて診察する事をいい、主に脈診と腹診を行います。

西洋医学では心電図や血圧測定などの検査が行なわれ軽視される傾向ですが、

東洋医学では重要視している診察法です。

脈の状態の分類はここから


東洋医学 inserted by FC2 system