診断(中医学)の概念

四診

中医(中国伝統医学)では『問診』のほかに目で診る『望診』、

声や息遣い、においで判断する『聞診』、

脈を取ったり、触って患者の状態を知る『切診』

の4つの診断法がある。そこから病状を読み取って整体などで治療します

「四診」「問診」「望診」「聞診」「切診」の解説はここから

診断とは(中医学)

「診」とは診察・調査 「断」とは患者への問診・検査を通じて、病状の情報を集め、

健康状態と病変の本質を見極め、病名と病症について判断を下します。

内外の診察

疾病変化の病理本質は「内」に隠れていながら、必ず一定の症状・身体所見が「外」に現れます。

顔色・舌の変化

顔色は全身の様子を反映し、舌の変化は臓腑気血の性質が反映されます。


東洋医学 inserted by FC2 system