脈診の分類<切診>

浮(ふ)

指で軽く触れてもわからず、強く押し当てて感じられる脈。

遅(ち)

脈拍数が多い。

緊(きん)

脈が遅からず早からず、平穏な脈。病気が無く、また、病気が治った前兆。病状があっても軽い場合を示します。

滑(かつ)

するすると滑りの良い脈。実証で熱の兆候。

渋(じゅう)

滑脈の反対。血液の流れが滞っている脈。

微(び)

微弱でさらに力が無く、ようやく感じられる脈。


東洋医学 inserted by FC2 system