八網弁証の解説

八網弁証とは、病人の証を決定するにあたって、陰―陽、表―裏、寒―熱、虚―実の

4対8項目に基づいて、病状を分析する方法。

表裏は病気のある場所、寒熱は病気の性質、虚実は病邪の盛衰と身体の正気の強弱を表し、

陰陽はこれらをの総括を表す概念です。

陰―陽、表―裏、寒―熱、虚―実が8項目あるから、八網と呼ぶのではなく、

表裏、寒熱、虚実の組み合わせが8種類あるからです。

表裏

一般に皮毛・肌・経絡など体表に近いところを「表」、臓器・血脈・骨髄など体内の深い部分を「裏」

三焦・膜弦・心下など体表でもなく深部でもないところを「半表半裏」と称します。

寒熱

寒証 悪寒・寒がる・温暖を好む・顔色が蒼白・四肢の冷え・口渇がない・稀薄な痰や鼻水

尿量が多い・泥状~水溶便・舌質が痰・舌苔が白滑・脈は遅あるいは、緊である。

また、寒証は、虚実・表裏を区別する必要がある。

(実寒証・虚寒証・表寒証・裏寒証)

熱証

悪熱・暑がる・寒いところを好む・口渇・冷たい飲食物を好む・顔面赤潮・目の充血

黄色粘調な痰や鼻水・尿が濃い・便が硬い・舌質が赤・舌苔が黄・脈が数である。

また、熱証は虚実・表裏を区別する必要がある。

(実熱証・虚熱証・表熱証・裏熱証)


東洋医学 inserted by FC2 system