五臓六腑の解説

五臓六腑という言葉は、「酒が五臓六腑にしみわたる」などと、現在でもよく使われますが、

由来は東洋医学からのものであって、西洋医学の解剖学からのものではありませんし、

西洋医学の臓器等とは違っています。簡単に説明します。

証状などから陰陽のバランスをみて、整えていきます。

例)腎陽が足りない場合は主に陽を補い、腎陰が足りない場合は主に陰を補っていきます。

(陰陽についてはこちら)

また、なぜそのような状態になっているのか生活スタイルなども確認し、

五臓全体をみながら調節していきます。

(食事がきちんと摂れていない、睡眠不足、不眠、大きなストレス、胃腸が弱い、

慢性病などがあると、徐々に腎に影響がでてくるため、これらの要因も考慮しながら

施術していきます。)

五臓

     の五臓をいう。(内)は、関連する物。
心<小腸・火>(望色・赤 病気の性質・熱証)

西洋医学でいう心臓のみならず大脳の働きの一部も含まれます。

思考能力、意識なども心の働きによるものです。また、心は小腸と表裏の関係にあり、

舌とも関係が深いとされています。

肺<金・大腸>(望色・白 性質・実、虚、失血)
  1. 肺は、西洋医学でいう肺のみならず、体液の代謝体温調節免疫能

一部も含み、大腸と表裏の関係にあり、皮毛(毛穴、汗腺)や鼻と

密接な関係があります。

脾<胃・土>(望色・黄 病気の性質・湿、熱、脾虚)
消化器系全般栄養物の吸収とその利用に比較関係している臓です。血管か
ら血が漏れないようにする働き
や、筋肉の栄養とも関係し、胃と表裏の関係にあり、口
と密接な関係があります。西洋医学の脾臓とはだいぶ違います。
ひよわという言葉は、
脾が弱いという意味です。
肝<胆・木>(望色・青 性質・痛、寒、於血、驚風)

は、西洋医学でいう肝臓のみならず、自律神経中枢神経の一部、血液循環の調節、

血液の貯蔵庫としての働き、胆と表裏の関係にあり、筋や目と深い関係にあります。

腎<膀胱・水>(望色・黒 性質・腎虚、水飲、於血)
腎は、西洋医学での腎臓のみならず、成長、発育、生殖、泌尿器系、ホルモン
も含まれ、生命活動の根本の臓とされている。膀胱と表裏の関係にあり、腰、
骨髄と密接な関係があります。腎が弱いと、成長が遅れ老化が早く生殖能力も
弱い
のです。

六腑 (小腸大腸膀胱三焦 

五臓は中身がありますが、腑は管や袋のようなものです


東洋医学 inserted by FC2 system