関節リュウマチ

特徴

免疫細胞が自分自身の関節を攻撃してしまう。軟骨を溶かしたり(破骨細胞が新しい骨も溶かして壊してしまう)、炎症を起こす。

患者の傾向

患者数は70~100万人

女性が4人中3人程度

30~50歳代に多い

きっかけ

妊娠・出産

けが・感染症

精神的ストレス

初期症状

朝のこわばり

主な症状

●手に力が入れられない●手を曲げられない

日常生活での支障

●顔を洗えない●蓋を開けられない●洋服のボタンがとめられない

触れると柔らかく腫れている

糸巻き状にはれる。

じわじわと関節が痛む

人によって大きく違います。

放置してしまうと・・・

関節が動かなくなる危険性があります。

☆早期発見が重要です☆


東洋医学 inserted by FC2 system