喘息

患者が多い年齢層

子供、高齢者

特に高齢者は窒息死に至るケースが多いので注意が必要です。

大人が喘息にかかる主なケース

①小児喘息からそのまま続く

②一度治ったが大人になって再発

③大人になって初めて発症

喘息発症の要因

アレルギー性

動物のふけ、ダニ、ほこり など

非アレルギー性

風邪、気象・季節の変化、大気汚染、軌道刺激物、ストレス、運動 など

喘息の悪化の要因にもなるので注意が必要です。

注意が必要な症状

○喘鳴「ゼーゼー、ヒューヒュー」いう。

○咳が3週間以上続く→呼吸器内科やアレルギー科を受診

日常生活の対策

①アレルゲンの除去

部屋を清潔に保つ

②気温差が激しい時の衣類選び

体を冷やさない、マスクをつける など

③刺激物を避ける

たばこ、香水、辛い食べ物 などを避ける

検査(西洋医学)

血液検査、皮膚反応テスト、呼吸機能検査


 

東洋医学 inserted by FC2 system