睡眠障害

睡眠障害を抱えている国民

約2000万人

理想的な睡眠時間

7時間30分

効果

男性は3日続けると朝起きたときに眠気0、1日中元気、体調がよくなります。

肌の質が大きく変わる

間違った睡眠法

夕食後2時間以内に寝ると睡眠時に肌が荒れる

人間の肌をきれいにするには、修復する(成長)ホルモンが大事

腸が動いている→熟睡できない→成長ホルモンが出ない→肌が荒れる

肌は毎日入れ替わります。

どうしても寝る前に少し食べたい

○消化に良い物

○血糖値が急速に上がり難いもの

ゆでた野菜やスープなど

風呂に入って体を温めてすぐに寝る

寝る前に脳の温度を上げる→(脳も)冷えない→よく寝付けない

寝る3時間前に入浴する事をお勧めします。

快眠法

ストレッチ

リラックスして体を伸ばすと脳の温度が下がる

適量の水分を補充する

睡眠中の血流も良くなり、美容効果も期待できます。

真っ黒にする

遮光カーテンの使用をお勧めします

食事

寝る前の食べ過ぎは禁物、消化に時間がかかる食べ物も、避けておいたほうがベター

昼寝は短めに

20分から30分程度の短い昼寝にとどめておく

寝る直前にアルコールを飲まない

寝る行為をルーチン化する

不安な気持ちにならないよう心がける

注意

明るい部屋で寝ると太る


 

東洋医学 inserted by FC2 system