食道がん

お酒によるリスク

顔が赤くなる人→77倍のリスク

顔色が変わらない人→414倍のリスク

※アルコールの分解とアセトアルデビトの分解がリスクに大きく関わってきます。

飲み過ぎ危険度※倍率は毎日3合以上飲んだ場合

  アセトアルデビトの分解 得意 アセトアルデビトの分解 苦手

アルコールの分解 苦手

○顔色が変わらない

○ずっと陽気

○次の日酒臭い

56倍(4%)

○顔色が変わらない

○ずっと陽気

○次の日酒臭い

(注)最初は赤かったがその体質が消えた人

414倍(3%)

アルコールの分解 得意

○顔色が変わらない

○冷静沈着

14倍(50%)

○顔が赤くなる

○気持ち悪くなる

77倍(40%)

鍛えると飲める→脳がアセトアルデビトに鈍くなる為。

検査<早期発見>

ヨウ素液を使った検査

①見逃しが少ない

②保険が適用される

将来、食道がんになりそうかどうか予測も可能。

※病院によって違うので医師と相談してください

自覚症状

無いのが普通

○胸がしみる感じ

○飲み込む時の違和感

特に注意が必要な方

中年以降で酒と煙草の多い人

中でも

○ビール1杯で顔が赤くなる人

○最初は赤かったがその後体質が消えた人


 

東洋医学 inserted by FC2 system