腎臓病

慢性腎臓病の患者数

約1300万人(成人の8人に1人)

症状

○尿に泡が立つ

○倦怠感

○貧血

○むくみ

○食欲不振

○息苦しさ

○一時的に視力低下

定義

○尿蛋白が陽性

○腎臓の働きが低下

合併症

脳卒中、心臓病、心臓血管疾患を起こしてくる危険性が有ります。

兆候

尿蛋白がでる(健康診断)

血液へ流れなければならない タンパクが尿へともれ出してしまう

目が見えなくなる事も

放置すると透析が必要になってしまいます。

病気の段階

慢性腎臓病→腎機能の60%未満が3ヶ月以上続く

透析・腎臓移植を検討→腎機能の15%程度を下回ると検討

※腎臓は良くなることがないので要注意!!止めることしか出来ません。

血液透析にかかる時間

(1回4時間)×週3日=約12時間

1ヶ月で約48時間 も費やす事になります。

腎臓の役割

フィルター

老廃物を尿に出す

体に必要なものはださない

水分・ミネラルなどの調整

体内環境を整える

腎臓の能力を知る方法

健康診断の血清クレアチニンを調べる

腎臓の働き(GFR)の早見表などで調べてください。

2014年現在 腎臓を再生させる薬は有りません。

糖尿病・高血圧の方は要注意!!

糖尿病・高血圧→腎臓(毛細血管の集まり)→毛細血管が壊れる→腎機能の低下

悪化を防ぐ方法

食事(塩分を控える、食事制限など) + 運動


東洋医学 inserted by FC2 system