胆石、ポリープ・胆嚢炎

位置

溝落のやや右側、肋骨の下辺り

働き

胆汁の貯蔵、濃縮 脂肪の消化を助ける

初期症状

小さいものは症状がなし、胆嚢癌も進行しないと症状があまりでません

進行した時の症状

右腹部の痛み、黄疸、体重の減少

胆嚢ポリープの種類

コレステロールポリープ→1cm未満、個数は多きく発生

過形成性ポリープ→1cm未満、個数は複数※時間が経つと癌になる可能性があります

腺腫→1cm未満、個数は複数※時間が経つと癌になる可能性があります

ガン→1cm以上、個数は単発※時間が経つと大きくなる可能性があります。精密検査が必要です

食事療法

○一度出来てしまうと食事の調整だけでは取り除いたり溶かして無くすことは出来ませんが予防は出来ます

○石があっても食生活に気をつければ、一生 発作が起こらない人もいます。

■脂肪を制限する

■コレステロールを制限する

■食物繊維を摂取する

■胃を刺激する食事は控える

アルコール、カフェイン飲料、炭酸飲料、香辛料など

食事療法のポイント

■規則正しい食生活をする

一定量の食事を規則正しく摂ることが大切です

栄養基準

エネルギー 日に1600kcal~2000kcal

脂質 30g

糖質 エネルギーの60~70%

食塩 7g~10g(高血圧の方は6g)

アルコール 厳禁


東洋医学 inserted by FC2 system