首の痛み

原因

肩や肩甲骨が痛い、あるいは手足にしびれがある場合も首が原因になることが有ります。

負担になること

○肩より首が前に出ている○急に伸びをする○前かがみで長時間の作業○上を向いての作業が多い○重いものを肩にかける

頚椎と肩こりの関係

首の動きによってのトラブルを知ろう

立った状態で頭や体を後ろにそった時、首や背中の痛みや腕や手にしびれが有る→頚椎椎間板ヘルニアや頚椎症が考えられます。進行してしまうと歩行症、排尿障害なども考えられます

立った状態で前に頭を前に倒した時、首や背中に痛みが出る→後縦靭帯骨化症の疑いがあります。

仰向けに寝た時(安静時)に、首や背中に痛みが出る→腫瘍・骨折・感染症脊髄炎が考えられます。

注意が必要なケース

ボタン掛け、箸が持ちにくい、文字が書きにくい、階段を降りるとき膝がガクガクする、手や腕が痛んだりビリビリする→神経の圧迫症状が疑われなす。

脊髄は呼吸、排泄をコントロールする信号を伝える役割が有るので上記の麻痺障害がでます。

早めに受診をオススメします

テスト

グーパー、ぐーぱーを繰り返す

正常な方→10秒間に20回以上出来ます

10回未満しか出来ない方→脊髄や神経の障害の疑いが示唆されます。

対策

姿勢を良くし、ストレッチをする。同じ姿勢を続けない。


東洋医学 inserted by FC2 system