肺がん(西洋医学)

検査

できた場所、進行具合のよって見つけやすい検査が違ってきます。その為、早期発見するためにはその検査を受けるかが大切になってきます。

種類

末梢型

腺癌(非小細胞がん)、大細胞癌(非小細胞がん)

中心型

小細胞癌(細胞癌)、扁平上皮癌(非小細胞がん)

自覚症状

末梢型

早期→無症状 進行形→発熱、息苦しい、胸の痛みなど

中心型

せき、たん(血痰)

リスクの高い人

喫煙者「1日の喫煙本数×喫煙年数=400以上

受動喫煙、アスベストの吸引歴

主な転移先

肺、肝臓、副腎、骨、脳

抗癌剤の副作用

吐き気、嘔吐・脱毛・手足のしびれ・骨髄抑制(貧血など免疫力の低下)・肝臓、腎臓、心臓の障害・間質性肺炎など

東洋医学 inserted by FC2 system