偏平足

偏平足とは?

○土踏まずの割合が足裏の3分の1を超えていればOK

○足を浮かせている時にはアーチがあっても(床に)着いた時にアーチが無くなってしまう人がいます。

自分では正常だと思っていても実は偏平足の人もいます→かくれ偏平足

隠れ扁平足

 内くるぶしの後ろの腫れに要注意→後谿骨筋腱(土踏まずを釣り上げています)が少しずつきれていくため自覚症状が出にくい

成人期偏平足(後脛骨筋機能不全症)

原因

  • 体重
  • 加齢による筋力低下
  • 血行障害(糖尿病や動脈硬化など、別の要因で血行障害になることも有ります)

 検査法

腫れている、もしくは痛い方の足 片足でつま先立ち→ピリッと痛みを感じた場合は初期症状

対策・体操

  1. 後脛骨筋を鍛える→つま先立ち
  2. 足裏の筋肉を鍛える→グーチョキパーを足で行う(朝晩に20から30回)
  3. 医療用の中敷きを入れてアーチを支える

子供の偏平足

偏平足の人は足が速い?

偏平足の人は筋力が強い人が多い為 足の早い人も多い

なぜ?

アーチが低い分だけ普段からたくさんの筋肉を使って筋力が強くなる傾向があるようです

運動能力

偏平足で足が遅くなるという事はありません

低年齢の土踏まず

赤ん坊にはありません。10歳くらいまでにできてくる

足の疲れ防止法

靴選び

革靴→指が上下に動くように 靴底の柔らかい靴がよい

ハイヒール→履いた時にアーチは出来ますが 大事なのはアーチが出来たり潰れたりをちゃんと出来る事ですが、アーチを作ったままで緊張状態が続き非常に疲れます。

ヒールは5cm以内で靴底の柔らかい物が良い

歩くには

裸足が一番良い


東洋医学 inserted by FC2 system