くも膜下出血

くも膜下とは?

脳や脊髄等の中枢神経を包む薄い膜

クモの巣の”くも”が語源

くも膜下出血とは?

脳脊髄液に血が滲んでいればくも膜下出血

脳脊髄液が流れているくも膜下の下の空間は動脈の通り道

くも膜の下にある動脈に動脈瘤ができそれが破損した状態

動脈の出血により脳圧が急激に上昇

※通常の10倍以上の圧力が脳にかかる

出血により脳脊髄液と血液が脳を圧迫し、損傷を与える

最悪の場合、脳の一部が頭蓋骨から押し出され生命活動を維持できなくなる

くも膜下出血危険度チェック

①親兄弟にくも膜下出血の人がいる

②ついついお酒を飲み過ぎてしまう

③高血圧である

④タバコを吸う

⑤ストレスを貯めやすい性格である

※○が多ければ要注意

くも膜下出血の危険因子<高血圧>

血管が傷みやすく動脈瘤が出来やすい。破裂のきっかけにもなる。

くも膜下出血の危険因子<喫煙>

タバコに含まれるニコチンが血管の膜を傷つける

くも膜下出血の危険因子<ストレス>

ストレスをためることも血圧上昇の一因

くも膜下出血特有の頭痛

ハンマーで後頭部を殴られたような突然の頭痛

脳動脈瘤

再破裂することが多い

最初の破裂で発見できれば軽症で済むことが多い

再破裂

破裂しやすくなっている脳動脈瘤から大量出血し、致命傷になりかねない。

最初の破裂が原因で起こる突然の頭痛を見逃さない事が大切!!

症例

症状

まぶたが重い

脳動脈瘤が引き起こす症状

巨大化した脳動脈瘤が目の神経を圧迫し目の動きが麻痺する→片方のまぶたが垂れる

片目だけまぶしい

物が二重に見える

予防法

タバコをやめ、お酒は控えめに。

遺伝が気になる人は脳ドックで脳動脈瘤の有無を確認しましょう

注意・おさらい

二度目の破裂は出血量が多く弱っている脳に大きなダメージを与える


東洋医学 inserted by FC2 system