貧血

近年、女性の貧血が増加している

将来、貧血になる可能性がある女性→4人に4人(約25%)

日本人女性の半分→貧血ないし貧血予備軍

悪性リンパ腫・肝硬変・白血病等の大きな病気のサインで有ることも!

原因

月経での出血・無理なダイエットや偏食

鉄分不足→体に様々な異変が起こる

血液中のヘモグロビンの濃度の減少

症状

妊娠が出来なくなる

鉄分不足→卵巣に影響→妊娠を維持させるホルモン(黄体ホルモン)の分泌が低下→妊娠が出来なくなる

貧血が不妊や流産の原因になる場合もある

若い女性の中にも貧血が原因で生理不順になっている場合も多い

対処法

鉄分を補えば数ヶ月~半年で症状が改善される可能性があります

皮膚にカビが生える

鉄分不足→白血球に影響→①白血球が作られない②病原体への攻撃力が低下→インフルエンザなどの感染症にかかりやすくなる

貧血でインフルエンザワクチンの効果が得られない可能性もある

体には常にカビ等が付着している→白血球がカビの増殖を抑制していますが、鉄分不足がカビの増殖につながる

カビが体の深部まで入り込むと肺炎などを発症するケースもあります

対処法

カビの治療の他に鉄分も補わないとスグに再発する可能性があります

手足にムカデがはっている幻覚が起こってしまう

鉄分不足→神経伝達物質に影響→神経の信号が正常につたえられなくなる→触れていないのに常に触られている感覚に・人のよっては針で刺されたりなぞられるなどの幻覚症状がおこる

妊婦は退治に鉄分を分け与えるため貧血になり易い(軽度の症状も含めると5人に1人にこの症状が見られた

この症状は、夕方~夜間に強く起こる→睡眠障害になる場合も有ります→ひどい場合はうつ病になることも。

鉄分不足で勉強に集中できず成績が落ちている場合もある

固形の食物が飲み込めなくなる

鉄分不足→食道に影響→食道の粘膜細胞が増えなくなる→食道が萎縮し固形物を飲み込めなくなる

食道の粘膜細胞→常に増殖するために鉄分が必要

最悪の場合、金属の筒を通す等の手術でしか治らない事も

貧血の人に「飲み込みが悪い」という人が多い

対処法

症状が軽い場合は、鉄分を補えば数カ月で落ち着く可能性が有ります。

土を食べるようになる

鉄分不足→脳に影響→食道の粘膜細胞が増えなくなる→食道が萎縮し固形物を飲み込めなくなる

氷を食べている人は貧血の可能性が高い

鉄分不足の人は歯切れの良い音の出る食物を好む傾向がある。

症状が悪化すると絵の具を好んで食べたり、歯ごたえを求めて鉄の鍋をかじることも

解消法(全般)

2015.04更新

コップ2杯の水を飲むと立ち眩みを防げる。

水を飲む→血圧が上昇→脳貧血による立ち眩みの予防になる。

お酒の席

脳貧血が起きやすい。→腰が抜けたり、場合によっては気絶する。

その場合は

ふくらはぎを揉むと効果が期待できます。気絶した場合でも効果が期待できます。

○血管拡張→足に血が溜まりやすい ○利尿作用→水分不足 ○足を長時間動かさない→筋肉のポンプ作用が動かず→血が心臓に戻りにくくなる→血圧が低下→脳貧血

また、足を動かすため、貧乏ゆすりも効果が期待できます。

エコノミー症候群の予防にもなります。


東洋医学 inserted by FC2 system