風邪(かぜ)

原因

空気中に浮遊しているウィルスです。ウィルスが息と一緒に吸い込まれてしまうと、防衛機能が働き

血液中の白血球がウィルスを退治しますが、疲れやストレスにより防衛機能が働かず、

ウィルスが増殖してしまいます。

鼻水、クシャミ、セキ、痰などによって、追い出そうとします。

予防法

うがいをする

栄養補給(バランスの良い食事をする)抗菌作用のある、お茶も効果的

体力をつける(睡眠をとる・乾布摩擦・厚着をやめるなど)

手当て

安静にして栄養をとり室温・湿度を適度に保つ。

水分補給(お茶や、スープ)

ツボ

背部:風池(髪のはえぎわで、首の両側に有る窪み)

風門(首の付け根にあり、背骨第2胸椎から指2本分<人差し指・中指>の外側

顔面部:さん竹(眉毛の付け根の内側)

迎香(鼻翼<小鼻>の両脇)

両足:行間(足の甲の親指と人差し指の付け根)

さん竹・迎香は鼻づまり・アレルギー性鼻炎にも効果があり

両手:合谷(手の甲の、親指と人差し指の付け根)

合谷ノドの痛みにも効果がある

両腕:尺沢(肘を曲げた時に出来る1番太い横じわの親指側<橈側>端)

孔最(尺沢から、指3本分<人差し指・中指・薬指>手首のほうへ寄った所)

尺沢・孔最はセキを沈める効果あり

食べ物

生姜・ニラ・ネギ(血行が良くなり体が温まります)

梅干(クエン酸が代謝を高めます)

チーズ(体力を付けるのに効果的)

ビタミンB・豆類・豚肉など(筋肉の痛みをやわらげます)

お湯に溶かしたり(生姜湯)鍋に入れたりするのも効果的です

東洋医学 inserted by FC2 system