姿勢矯正<バスト編>

○姿勢の歪み→顔の歪み・大きさ・下半身のむくみ・ウェスト太り・バストの左右の大きさの違い・たるみ

○肋骨が歪んでいると左右の胸の大きさに違いが出る

○肋骨は柔らかく動きやすい

○身体の歪み、筋肉の緊張によって肋骨は簡単に曲がってしまう

肋骨の歪みチェック

①左右で左の鎖骨の下を押し回転させる
②左手で右の鎖骨の下を押し回転させる

左右で廻りにくい方がある場合反対の肋骨がつぶれている

右側が回りにくい場合、左の肋骨がつぶれれいる

左側が回りにくい場合、右の肋骨がつぶれている

肋骨を触ったまま左右に身体をひねってみる

ひねった方向の反対側の肋骨が広がる(肋骨が広がらず身体が回らない)

左右の肋骨を整えるストレッチ

(肋骨の歪みをとることでバストの大きさが揃ってきて、きれいなバストラインになっていきます。

①回りにくい方の鎖骨の下に息を吐きながら手を置く

②息を吐きながら回るところまで上半身をまわす

④息を吐きながらゆっくりと戻す
⑤手のひら1枚分下げる
⑥ ①~④を⑤の位置で繰り返す

バストが垂れてしまう姿勢のチェック法

①壁に背中をつけて椅子に座る

②腕をまっすぐに保ちながら耳につくように上げる

③壁に手がつくまで上がらない人は不良姿勢と考えられバストが垂れてしまう危険性大

バストが垂れてしまう人→肩が内側に入ってしまっている→胸を支える大胸筋が緩んでしまう→バストのたるみが助長される


inserted by FC2 system