家族が自宅で亡くなってしまった場合の準備対応

質問

ある医師によると

”亡くなっていることが明らかな場合救急車を呼んではイケナイ”

との事なのですがなぜか?

かかり付けの医師に来てもらうことは?

医院が開いているときは出られない。急に行っても死亡原因が掴めるかどうかも含め、色々と問題がある様です。

往診してくれる医師を探して頼んでおくことです。

もちろん、かかりつけ医を変更するしかありません。

在宅で死亡した場合、主治医が死亡診断書を書いてくれれば問題ありませんが、

書いてくれそうにない場合

生きている間に死亡診断書を書いてくれる主治医を探しておきましょう。

冷静な判断ができずに亡くなっているのに救急車を呼んでしまった場合

救急車は亡くなった方をそのままにして帰りますが、すぐに警察に連絡します。

代わりにお巡りさんが来ます。家族全員事情聴取されます。

要するに、

誰かが殺したのではないか?という疑問を晴らすために、家族全員から事情聴取をします。

警察は亡くなった方が誰かに殺されたのではないか?

という質問が晴れるまで質問します。もちろん、家族全員に1人づつ丁寧に質問を繰り返します。

事情聴取をされた方から聞いたのですが殺人扱いされたと激怒していました。

警察による質問の内容

〇誰が遺産相続人になるのか?

〇どのくらい遺産があるのか?

〇昨日亡くなった方と喧嘩した人はいなかったか?

〇家族関係・中の悪さ

など あらゆる事を聞かれるそうです。

家族全員の数時間に及ぶ事情聴取の後で、やっと解放になります。

結論

事情聴取を受けたくなければ、

絶対に救急車は呼ばないことです。

主治医を呼んでください。

主治医に来てもらって”死亡診断書”を書いてもらえばいいのです。

そうすれば警察も来ませんし不愉快な事情聴取を受けることもありません。

往診をしてくれる医師を探してください。

通常、往診を受けてくれる医師ならば死亡診断書を書いてくれるからです。

もちろん、万が一のために死亡診断書を書いてくれるかどうかを確かめておいてください。

 


 

東洋医学 inserted by FC2 system