歯科

歯医者選び方

POINT①予約しても、いつも待たされる歯医者は要注意!

診療予約は患者さんに必要な治療時間を確保するものなので、そこがルーズになることは患者さんと向き合う姿勢に問題が有ると考えます。また、治療や説明が不十分になるケースも考えられます。

POINT②治療法針を決めつける歯医者は避けたほうがいい。

患者さんが自分に合った治療を選択するために、正しい情報をわかりやすく伝えてくれる歯科医師を選びましょう!

選択肢とメリット・デメリットを説明してくれる歯医者がオススメ

POINT③衛生士が指導してくれる歯医者を選びましょう。

衛生士は患者さん一人一人のライフスタイルも含めてその人に合った予防法を考え歯のケアをしてくれる専門家です。なので歯科衛生士のいる歯医者を選ぶことをお勧めいたします。

POINT④スタッフの入れ替わりの少ない歯医者

腕も人も良い歯医者にはスタッフもついてくる

歯医者で心がける事

○予約時間を守る

予防法

①サリバテスト

虫歯になる危険度と原因を判定→体質や環境、唾液の成分、細菌の量、食事の内容や回数など 人それぞれです。

治療

抜歯なし

修復→削って詰める

差し歯→削ってかぶせる

抜歯あり

入れ歯

メリット→歯を削らない デメリット→噛む力が弱い、手間が掛かる

※参考にしてみて下さい。

ブリッジ

メリット→取り外しの面倒がない デメリット→健康な両側の歯も削る

インプラント

メリット→周りの歯への負担がない デメリット→手術が必要で費用も高い

ノンクラスプデンチャー

メリット→見た目が目立たない 洗浄が簡単 デメリット→精密なため調整が難しい

Q&A

歯を失う1番の原因は?

歯周病

歯磨きは虫歯より歯周病に効果が有る?

YES


東洋医学 inserted by FC2 system