栄養学(冷やして食べよう)レジスタントスターチ

レジスタントスターチとは?

ご飯などを冷やすことによって食べやすく摂取カロリーを抑えられて脂肪がつきにくいレジスタントスターチが出来ます

日本語約

レジスタント=消化されにくい

スターチ=デンプン

仕組み

温かいご飯を食べると小腸で吸収・消化されますが、冷たいご飯を食べると小腸での消化・吸収を免れて大腸へ

食物繊維とよく似た性質で、大腸内をキレイに掃除をしてくれます

力を発揮する条件

凍らない程度に冷やすこと→4~5度。冷蔵庫の温度がいい

冷やしておいたご飯を電子レンジなどで温めた場合は元に戻ってしまうので効果が出なくなります

効果

便秘改善や腸内環境を整える、血中コレステロールや血糖値の上昇を抑える、脂質代謝の改善

食物繊維

水溶性食物繊維

大麦、プルーン、エシャレット、ゆりね、栗きんとん、生にんにく

※水溶性食物繊維を多く含む食品を食べると、胃や小腸で消化されずに大腸内で水分を便にあたえ柔らかくする→排便がしやすくなる

不溶性食物繊維

おから、あずき、グリーンピース、ごぼう、さつまいも、キャベツ

※不溶性食物繊維を多く含む食品を食べると、消化されずに大腸で便の量を増やし便の通じを良くする。さらに便として出るまでの時間を短縮する効果も期待できます

※水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよく摂ることが大切です。さらに効果を高めるのがレジスタントスターチです


東洋医学 inserted by FC2 system