アスリートの運動法

シンクロナイズドスイミング、水泳

ペットボトルを吸い込む→肺が大きくなり浮力が増し、ダイナミックな演技ができるようになる。

スキージャンプ

玉乗り→卓越したバランス感覚を身につける

サッカー

ゆっくりとしたジョギング→毛細血管が増え、スタミナ力UP

なぜか?

90分間走り続けるサッカーの試合、バテてくると体内に乳酸ができ、溜まり過ぎる状態では筋肉が動かなくなります。ところが、毛細血管が発達した状態だと、乳酸が血液に取り込まれエネルギーに再利用されます。そのおかげで脅威なスタミナが身につきます。

ゆっくりとしたジョギングは、サッカー以外にも

糖や脂肪を燃焼させ血糖値やダイエットにも効果が期待されます。

1日30分程度(小分けでも可)

体のケア

アイシングの効果

捻挫、肉離れ、寝違えなど炎症には効果が期待されますが、筋肉痛にはあまり効果が期待出来ません。

筋肉を過剰に使った場合は、すぐに冷やしてください。そのほうが筋肉痛になりにくい。

アイシングは氷水を使ってください

水は熱伝導率がたかく→熱を奪いやすい

氷が入っている限り水温は常に0℃近くを保たれます


東洋医学 inserted by FC2 system