舌診<一般者向け>

舌診とは?

病気など初期症状を見つける診断方法

舌はそのとき時によって、形や色が変わります

症状・舌の色

全体的に舌が赤くなったり先端だけが赤くなる症状 <紅舌>

風邪をひいている時や、熱があったりするということがある

舌の先端に赤みを帯びてきたら喉の症状・腫れが疑われるので、早めの風邪薬やうがいをするなど予防が大切

舌に溝ができている<溝舌>

唾液・リンパ液・血液が不十分になっている

消化管が弱っったりストレスがある場合に起こる

暴飲暴食をやめるなど、食生活を気おつけてください。

舌の色が抜ける<地図舌>

ストレスを感じたり、アレルギー体質の方によく見られる

生活環境が変わったり、食べものを食べたりという時に地図舌になったときは、アレルギーを疑ってみてください。

白くなった舌

胃腸や消化機能が弱った時・荒れている時に見られる

舌の表面には糸状乳頭(猫の舌のザラザラしたような感じ)という物があり、通常は短いが胃腸機能が弱ったり乾燥してくると伸びてくる。これ以上、ものを送り込まないように、食べないようにする(防御反応)として出てくる症状。これが長くなってくると表面積が増えるので古くなった細胞、老廃物がびっしりくっついて苔のようにへばりついてきます。舌苔という舌のコケになります。

舌苔の方は口臭に注意が必要になります

さらに黄色くなってしまうと、口臭だけではなく胃腸機能にも何らかの病気が進行している可能性が出てきます。

全体的に白くなった舌(舌本体)

貧血の方に多く見られる

血液がたくさんある舌は赤くなるが薄いために全体的に白っぽい色になってしまう

舌の色→青紫

血の巡りが悪く、頭痛・肩こりの前兆

心臓・肺・肝臓の病気の兆候

歯の横に歯のあとが残ってしまう症状(歯痕・しこん)

舌が大きくなってきているため歯に当たりやすい

肩が凝りやすく、身体全体に水分がたまりやすく関節が痛くなりやすい

対処法

水の飲み過ぎに注意してください。また運動をして汗をかくこと。

味覚障害

原因→亜鉛不足

食品添加物の増加が亜鉛の吸収を妨げているとも考えられています。

番外編

滑舌を良くする方法

舌の根元の筋肉の動きが悪い方に滑舌が悪い方が多い。肩こりや歯を食いしばる癖のある方は、このようなけいこうがあります。

滑舌


東洋医学 inserted by FC2 system