女性の喫煙リスク

心臓病のリスク

女性の喫煙者の方が、男性の喫煙者よりも25%も心臓病へのリスクが高い

煙草の煙による毒素は、女性に対してより悪い影響を及ぼします。

タバコを吸う本数が少なくても、“心臓病へのリスクがあります。

それではなぜ、心臓病や肺がんのリスクは、女性の方が高いのでしょうか?

男性よりも体重が軽く、また血管が細いことなどが主な要因だと考えられています。


同じ煙草の本数を吸った男女では、女性の方が発がん性物質を多量に含んだ毒素を身体に吸収しやすいと言われています。

ダイエット


女性の場合、体重をコントロールするため、一種のダイエットの一環として煙草を吸う人も多いため、若年での肺がんリスクも高くなっているといいます。

煙草産業の戦略


女性が煙草を嗜むようになった大きな引き金は、煙草産業の戦略にあります。


これは低迷する煙草産業が喫煙者の少なかった女性に目をつけ、パッケージやデザインなど、女性が興味や好感を持つような、スリムでスタイリッシュな商品を開発し、広告・宣伝しているのが大きな要因の一つです。


“スーパー・スリム”と謳った煙草のパッケージと共に、「煙草を吸うと太らない、痩せる」といった“喫煙神話”が根深いことも問題視されています。

煙草業界の成長のため、かっこうのターゲットにされた女性喫煙者への警鐘を鳴らしています。
「百害あって一利なし」と言われる煙草。

女性喫煙者の皆さんは特に、同じ嗜好品でも男女で健康に大きな差が出ることを認識して、煙草と向き合うべきです。


東洋医学 inserted by FC2 system