心理学!?

好きな男性に、思わずとってしまう女性の行動(恋愛偏)

①質問攻めにしてしまう(どの国でも同じで、女性にこの傾向が強いようです)

特に、女性は好きになると相手のことを知りたくなる

「何時に起きたの?」とか「何食べたの?」など

(好意が無いのは)何も質問しない人

答えるだけで質問してこない人は全く気がない可能性が高い

②夢中になって話したかと思うと、急に「ごめん」と自己否定する

心理学では「認知」と「メタ認知」の往復という言い方をします

メタ認知=自分の行動を客観視→好きな人に対する自分の行動を見直す

例)長電話をしたときに、重要な人物でなかったら謝らない

③一般論ではなく、「私はね・・」と個人的見解を話したがる

時事ネタなど話すときに感情も出して話す女性は好感度が高い

女性は自分の意見を話した後男性の返事を期待する意識が強い

初対面で自分を主語にして話してくれる人は脈あり

④男性が何も喋らなくても基本的に笑っている

好きな異性の話を聞くときは無意識に口角が上がっている

⑤正面に座るのをためらう

真正面に座る→好意度が低い

斜め・離れ気味に座る→好意度が高い

※本当に好きになると、失敗回避傾向が強くなり少しずれて座る心理が働く

※女性(男性)が男性(女性)と話す様子を視察→行動と好意度の相関が高かった順番

女性に対しての好感度の上げ方

女性は飲み会の後など、何気ないメールをもらうと喜ぶ人が多い

が、男性は理論的に物を考えるので用事もなく連絡をするのが苦手

噂によってモテるようになる!?

「あの人モテるらしい」と聞くとポジティブな面をさがす→モテるようになる

自己紹介でもモテる・モテないが分かれる

例>私は心理カウンセラーをやってます→もてる(人のためにやっているあたたかい印象)

私は心理学者をやってます→引かれる(自分のためにやっている冷たい印象)

紹介の仕方で。印象が変わります

印象の特性

温かい人or冷たい人かを注目し、その後も、アトを引きます

人は第一印象で温かい人に好意を持つ

嘘の見破り方

人は目を見ながら嘘はつける

足を動かさないで嘘をつくのは難しい

子供から高齢者まで表情や手で嘘をつける。逆に下半身は甘くなる

心理学者が嘘を見破る→足の動きをみる

嘘をついた時の足の動き→組み換えが早い、貧乏揺すりなどをはじめる。

星座で話すと嘘をつきにくい→下半身を固定すると本当のことしか言いにくくなる


東洋医学 inserted by FC2 system