病気の兆候3(見のがすと危険なサイン)

そんなに水分を取った訳でもないのにトイレの回数が増えた

時々トイレの回数が多くなる場合考えられることは?

膀胱というのは骨盤の中に入っていますが、骨盤のあたりに痛みがあったり、また、尿意が残ったような感覚があったりすることによって、尿の回数が増えるには膀胱炎。女性に特有のものです。

冷えたりトイレを我慢したりすると、膀胱炎を起こしやすくなります。

正常なトイレの回数

日中 5~7回

夜間(睡眠時) 0回

日中8回以上トイレに行くとか夜1回でもトイレに起きると言うことがあれば頻尿と言われます。

男性の場合は膀胱の出口に前立腺がありますが、年令と共に前立腺が大きくなり(前立腺肥大症)により、出口を塞いでしまうので、終わったと思ってもまだ、膀胱にまだ、おしっこが残っている。そうすると、すぐいっぱいになって、また、トイレに行って、一応出るが途中までしか出ない。この為、尿の回数が増えて、夜も持たない。

年齢的には40過ぎて50才くらいになってくると、だんだん男性には出てきます。

尿の勢いもなくなってくるので、それも最初のサイン。

男女兼用で内科的な病気で糖尿病の発見につながることもあって、糖尿病になると喉が渇く。自分では飲んでいる覚えがないのに、どんどん水を取る傾向が出てきて必然的に尿が増えてくる。

過活動膀胱

40才以上の方(8人に1人位)に増えてくる、お子さんの頻繁なトイレの原因としても考えられています。

神経のトラブルも考えられます。小さい時にトイレに行きたくなる「子供だからしょうがない」とか「漏らしたら子供だからしょうがない」と言われて流されて来ましたが、早く気付いてあげる事が大事。

足が組みにくい場合(心臓病)

心臓病や他の病気を疑ったほうがいい

太ももに脂肪がつく→内臓脂肪が多い可能性

>>心臓病

心筋梗塞 13/01/06 更新

左手小指や左肩の痛みや痺れ、肩が上がらなくなる

※むやみにマッサージするとツボを刺激して誘発する恐れがあります

※胸や背中、歯が痛くなる

※病気の兆候→身体の末端に出やすい

睡眠中の歯ぎしり

原因:ストレス

40歳以上の心筋梗塞危険度チェックで身体の硬い人は要注意!!

>>心臓病

貧血

爪が変形すると貧血のおそれ

爪の真ん中が凹む→鉄欠乏性貧血の危険性があり

足がつる人<肝臓病>

カルシウム代謝が足りない

①牛乳などカルシウムをとっても治らない場合→肝臓病の可能性あり

②足のよくつる人は、肝臓の代謝機能が低いため肝臓病の危険性がある

※老化により脳機能低下の為足がつりやすくなることがある

③ねずみのようなニオイがする場合→肝臓病の可能性がある

<漢方>足がつる人には

芍薬+甘草

お店では芍薬甘草湯といって下さい。

尿→濃い紅茶色の人<肝臓病>17.4.15更新

兆候

尿がオレンジ色になる

更に進むと・・・

皮膚、目が黄色くなる

>>肝臓病

首筋を押さえ痛みがある場合うつ病の危険性がある

定期的にほぐして下さい

甘いものを取り過ぎ<定血糖症に注意>

偽うつ病になる危険性がある

キレる・手指の痺れ・発汗などの症状

男性の場合

うつ病が薬で治らない人の中で男性ホルモンが足りない人

うつ病と診断された女の人に興味がない人の中には男性ホルモンで治る人もいます

うつ病

最もうつとの相性が高い→猫背でディスクワークの仕事をする

予防法

1998年時点で日本人のうつ病数は、先進国中最下位でした

魚の消費量と相関していた。魚を食べるほど、うつ病の被患率が低い。

うつ病が増えた理由の1つは、食生活の変化

>>うつ病

金縛りに合う&寝るときに幽霊をみる(脳障害)

脳の視床下部に異常がある→睡眠障害などの症状がでる

街中で幽霊をみる現象→側頭葉の障害がある可能性がある

神を見る現象→脳の障害を疑う

酸素の濃度によってのうが活性化→神が見える現象が起きる

脳梗塞(脳卒中)

様々な部位で色々な症状が現れます。

①急に左足が動かなくなる→すぐに治る ②急に喋れなくなる→10秒後に治る ③つまずき易くなった(認知症の疑いもあり)④しゃっくりが長時間止まらない場合⑤手の力が弱まれば疑いがある⑥飲み込めなくなる⑦物がズレて見える

瞬間的に血管が詰まる→血栓が詰まる→元に戻る

その部位が司る脳への血流が詰まっている可能性がある

一過性脳虚血発作(脳梗塞の前兆)

⑧呂律が回らない症状→5~30分で治る事が多い

すぐに治ったと安心しないでください。1ヶ月以内に脳梗塞になる確率20~30%

全く兆候がないケース

40~50代以降に起きやすい

予防策

週1回程度、ジョギングなどの激しい運動

脳卒中とは?

脳の血管が詰まったり破れたりする病気で、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血の3つの総称

糖尿病

歯ブラシの時水が無いと泡立たない

成人後、食事の時水がないと食べられなくなった

甘酸っぱいニオイがする

なぜ?

刺激に反応して自然と唾液が出るようになっていますが、糖尿病・自己免疫疾患の人→唾液が出にくい傾向がある。

小脳の異常  13/01追加

ディスメトリア=測定障害

片方の腕だけ距離感が測れない→小脳障害の疑いが高い

腎臓が悪いケース

アンモニアのニオイがする

動脈硬化の兆候  13-01追加

耳たぶにシワがある人は心疾患の死亡リスクが3倍

Q & A

へそのゴマを取ってはいけない?

傷を付けると腹膜炎などの病気にという考えで○でしたが、ゴマは垢で放置していると、最近に感染して不潔な状態に!そこで、傷がつかないように綿棒の先にオリーブオイルを付けて優しく拭きとって下さい。

正解は☓

胃が痛いときは牛乳を飲むと良い?

大きなストレス→強い酸性の胃液が大量に分泌→胃の粘膜を荒らす→胃炎を起こすことがある

そこで、乳製品→酸を薄め胃を守る効果

※痛みが続く場合→早めにお医者さんへ

正解は○

運動をすると風邪をひきにくくなる?

約3ヶ月間で風邪をひいた平均日数

ほとんど運動しない人は、8.6日 週に5日以上有酸素運動をしている人は、4.9日という実験結果がでました。

正解は○

寝ても疲れが取れない

不規則さがあると体内時計がバランスを崩して、なかなか疲れが取れなかったり、良質な睡眠が取れないこともある

また、甘いものを取り過ぎたり運動不足になると、体内の中性脂肪が肝臓に溜まって脂肪肝に!最初は症状が無いけれども、度を越してくると全身倦怠感

いつも疲れが取れない→寝る→食べる→寝るということを繰り返してしまい、NASHという病気になってしまい、脂肪肝→肝炎→肝硬変→肝臓癌

NASHとは、肝臓癌や肝硬変へ進行しやすい脂肪肝のこと

NASHの対処法

脂肪肝からなぜNASHにかかり肝臓癌へ行ってしまうかは、まだ解明されていません。(2011年現在)

食べ過ぎ、運動不足を改善して下さい。規則正しい生活を心がけて下さい。

Q & Q<食事編>

冷え性の人はタンパク質が多めの食事が良い?

タンパク質を多く取ると胃が活発に動き、熱が発生します。そのタンパク質が分解され出来たアミノ酸が肝臓で分解されその時に熱が発生します。代謝の熱で体全体が温まりやすくなります。

正解は○


東洋医学 inserted by FC2 system