育児

糖尿病(小児肥満)

乳幼児期の母親の育児態度が子供の肥満に関係。

また、子供の肥満度は両親の死亡率とも関係します。

子供が肥満だと親の死亡率が高くなる!

親の悪い食生活が影響→子供が肥満=親の死亡・疾患リスクが高い

妊娠中

どういう栄養を摂るかで、子供にすごく影響がでます→バランスの悪い食事は子が肥満になりやすい

子供の性格も変わります

※原則、魚系統が良く、タンパクは、絶対必要。低カロリーの食事が良い。

授乳中

授乳中もお母さんがどんな食事をするかで、子供の寿命に関係がでます

授乳中に低たんぱくの食事にすると、子供の寿命が延びる

なぜか?

腹八分目のほうが長寿命→適度なストレスに対応する力がつく

全部自由だと寿命が短くなる。どの生物も

不十分にすることで足りないものを補う力が備わる。

人見知り

子は人見知りで親の愛情を独り占めする

生まれたばかりの赤ちゃんは誰にでもニコニコする

生後6ヶ月頃、母親が育児疲れに→子の人見知りが母親の愛情を引き出す。

生後6ヶ月頃に身内と他人の区別をし始める→社会への第一歩

母親の注意点

貧血気味で鉄分が不足すると子供に対する興味をなくす

鉄分が低い母親は育児放棄になりやすい

泣くことは叱らないように

泣くことを叱られた赤ちゃんは愛情表現が下手になってしまう。

賢い子にする方法!?(2歳まで)

○動くものを見せる ○声をかける ○音楽を与える

※脳のネットワーク形成には刺激が必要。

○手のひらに数字を書いて当てさせる

○語りかける


東洋医学 inserted by FC2 system