美容(シミ、たるみ、乾燥、シワ)

肌トラブル チェック

口笛で「ドレミファソラシド」が吹けるか実践してみてください。 

スムーズに吹けない場合、吹けない人は、顔の筋肉が使えていないと考えられます。

美容ローラー

やり方や強さ、元々の皮膚の状態などで効果は変わる

上手に使えば、マッサージ効果で 固まっていた顔の筋肉がほぐれて動きやすくなり、弾力UPも期待できます。

※肌をこすると乾燥するので、前後にしっかり保湿することが大事。

コラーゲンの摂取

肌に効果があるか無いかは皮膚科の医者の間でも意見がわかれます。

保湿

洗顔後すぐの保湿をおすすめします。肌にバリアができて潤う為です。

洗顔後に放置すると一時的には潤うが肌はすぐに乾燥し表面があれる。荒れた肌に保湿をしても水分や油分をキープできないため、肌のダメージは大。

特に30歳を過ぎると皮脂は少なくなり、皮脂でコーティングされた中の水分までどんどん抜けやすくなる。

保湿には早めのケアで潤いをキープしてください。

紫外線に負けないシミ対策とは?

日焼け止めの落とし穴

日焼け止めはどれだけ落ちるか?

携帯電話、頬杖、食事、あぶらとり紙などで落ちてしまいます。

対策

頬の一番高い所(皮膚が薄い)にシミもシワも一番できる

日焼け止めは塗り直さないと効果は半減!(3時間に1回程度はぬる)

日焼け止めを使わないならば、お化粧直しをしっかりしましょう

目に紫外線があたるとシミができやすくなる

サングラスなどで防ぎましょう

日焼けしやすくなる食品

そば、野沢菜、レモン、パセリ、きゅうり、セロリ(ソラレンが入っている為、日焼け対策には夜に食べることをおすすめします)

ソラレン←紫外線の感受性を高める精油成分、シミができやすくなるため朝、昼は要注意!!


東洋医学 inserted by FC2 system