健康長寿

鍵となるものは?

ミトコンドリア→食べ物から吸収した栄養と酸素から生きるのに必要なエネルギーをつくっているもの

このエネルギーは体を動かすだけではなく、ものを考えたり細胞を生まれ変わらせたりと全てに使われる

老化の原因となる物とは?

加齢とともにミトコンドリアが作るエネルギーは低下し、老化の原因となる活性酸素を多く出すようになる

活性酸素→身体を錆びつかせる原因

長寿タイプのミトコンドリア→活性酸素の発生が少なく、活性酸素に破壊されにくい

平均寿命の差

ミトコンドリアが長寿タイプの人と非長寿タイプの人では、平均寿命の差が8歳の差がある。

また、生活習慣病にもなりにくい

※ただし、長寿には遺伝子と生活習慣病の両方が関係する。その比率は1対3の割合で生活習慣病の方が大きい

長寿タイプのミトコンドリアを持っていない人はどうすれば良いか?

ミトコンドリアを増やす

身体を動かすことがミトコンドリアを増やすポイント

5分間程度で汗ばむ程度の力で運動をすればいい

1分間小走り→30秒歩く→1分間小走り→30秒歩く・・・と5分前後繰り返す

②カロリー制限

エネルギーが不足していると身体が感じるためミトコンドリアが増える

カロリー制限の目安は腹八分から腹七分

大食い早食いは活性酸素が発生しやすいので要注意!!

ビタミンやミネラルなど栄養バランスを考えて行う

毎日の積み重ね!!
2大ポイントは、運動とカロリー制限

90歳になっても運動をすればミトコンドリアが増えます。(70歳の場合、2ヶ月で増える)

③姿勢を保つ

姿勢を保つ筋肉にはミトコンドリアが多いため姿勢を正しく維持することが重要。

④気持ち

社会貢献などをする事によって、ミトコンドリアが増加する

ボケ防止のPOINT

①歩く

②指先を使う

③おしゃべりや歌などでストレス発散

④同居人に優しくされすぎてはダメ

⑤社交的に。本好きは要注意

⑥ボケても出来る趣味を持つ。高尚な趣味はダメ


東洋医学 inserted by FC2 system