爪もみ健康法

白血球の内訳を、顆粒球60%、リンパ球35%、単球5%程度が理想的とされています。
どれも重要な役割を担っていて、どれか1つが不足しても免疫力は崩れてしまいます。
つまり、白血球のバランスを正常に保つことが免疫力の高い健康なカラダであると言えます。
※特に、リンパ球は免疫反応を担う中枢であり、リンパ球の減少が様々な病気の原因になるとされています。
液検査で測定し、
自分の免疫状態をチェックしてみては?
なお、検査施設によっては、好酸球「Eos」・好塩基球「Baso」・好中球「Neut」・リンパ球「Lym」・単球「Mono」 
など、アルファベットで表記してある場合もあります。
ここで、ちょっとムズカシイ話。でも免疫力を知る上ではとても重要なことです。
上で説明したように、免疫力の正体は白血球のバランスなのですが、それをコントロールしているのが自律神経であると言われます。

:昼間、カラダを動かしている時などに働く交感神経

:寝ている間など、リラックスしている時に働く福交感神経

※2つの神経をうまく切り替えながら、生活しています。

この自律神経が、じつは白血球のバランスにも影響をおよぼし、
交感神経」が優位のときには顆粒球が増加
副交感神経」が優位のときには「リンパ球」が増加するそうです。

自律神経の切り替えがうまく行われていれば、白血球のバランスもよく、免疫力は高まります。しかし、現代人はストレスや不規則な生活、睡眠不足などで「交感神経」側に偏りがちです。
すると、顆粒球が過剰に増え、その一方でリンパ球は減少し、免疫のバランスが崩れてさまざまな病気を引き起こすと考えられています。

自律神経のバランスを整えることこそが、白血球のバランスを正常に保ち、
免疫力の高い健康なカラダを維持する方法です。

<方法>

爪の生えぎわの両角を「痛いけど気持ちいい」程度の強さでもみます。両手・両足の薬指を除く16本の指を10秒ずつ、症状に関系の有る指は20秒、1日2~3回を目安に行いましょう。
 爪の付け根をもむことで、副交感神経が刺激され、交感神経に偏りがちな自律神経のバランスを整える効果があります。(●の所をもむ)

親指

円形脱毛症・ぜんそく・咳・リュウマチ・アトピー

人差し指

胃弱・十二指腸潰瘍・胃潰瘍・クーロン病・潰瘍性大腸炎

中指

耳鳴り・幻聴

薬指

交感神経を刺激する為に避ける

小指

パニック障害・うつ状態・自律神経失調症・目の病気・顔面神経痛・子宮筋腫・子宮内膜症・整理痛・しびれ・肥満・肝炎・精力減退・尿漏れ・頻尿・腎臓病・頭痛・肩こり・高血圧・不眠・物忘れ・メニエール病・パーキンソン病・認知証・脳梗塞

爪のはえぎわは神経線維が集まっています。

東洋医学 inserted by FC2 system